<< クレープ 作り方 | main | シフォンケーキ 作り方 >>

スポンサーサイト

  • 2009.04.29 Wednesday
  • -
  • by スポンサードリンク
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



スポンサードリンク

チャーハン 作り方

スポンサードリンク
チャーハンは中華料理の点心に含まれる一ジャンルですが、材料や調理方法などのいろいろなアレンジとともに日本にも深く浸透している料理です。また類似の料理は東南アジアと東アジアで広く見受けられ、例を挙げればタイ王国ではカーオパッ、インドネシアとマレーシアではナシゴレンと呼ばれ、朝鮮半島ではポックムパプ、として定着しています。中国語の音表記はチャオファンに近いが、日本では中華風の味付けである物をチャーハンと呼び、類似する米飯料理を焼飯(やきめし)または炒飯(いためし)または、炒めご飯(いためごはん)と呼ぶ場合もありますが、その区分は厳密に決まっているわけではありません。
また焼飯の類は、西洋風焼飯(こちらは本来では米飯を炒めるのではなく、生米を炒めてから底の浅い鍋で水分が飛ぶまで米をダシで煮たもので、今日では別種の料理として認識されるパエリアの仲間)とも言われるピラフと混同してしまいがちですが、日本ではピラフと言うと大抵はこのチャーハンを洋風にアレンジした料理のことを言います。
チャーハン作り方 レシピ

・コツ1: 家庭で作るなら一度に作れるのは2人前まででね
 どんなに料理の達人が作ってもこれ以上の量ではうまくいきにくいのです
 その原因はプロが料理に使う火力と家庭の火力では大きな差があるからです
・コツ2:  チャーハンに使うご飯は固めに炊いてね
 水分が多くてはパラパラになりにくいのです
 このポイントを守れば家庭の弱い火力でも十分に炒まりますよ
・コツ3: 卵は炒める前に、ご飯に混ぜる
 中にはカレーチャーハンのように卵を使わないレシピもありますので各レシピの材料を確認してみましょう
・コツ4: 炒める前に十分にフライパンを熱する
 チャーハンだけでなく中華料理のキモは火力が命です。ご家庭ではどうしても火力不足になりがちです
 一度オイルポットなどの油で十分に熱してから、新しい炒め油を入れることをおすすめします。
 くれぐれやけどなどをしない様に慎重にしてください
■次は簡単レシピです
お皿にご飯をよそって電子レンジで加熱(水分がとぶようにラップはしない!ここがとても重要)
      ↓
ご飯にタマゴを入れてネチャネチャ混ぜる(この時点で熱によってタマゴが少し固まるのが理想)
      ↓
熱したフライパンに投入(油は一食分ならスプーン一杯ぐらいでいいでしょう)
      ↓
混ぜ混ぜして塩コショウ(好みで火を止めた後香り付けに醤油を数滴たらす)
      ↓
パラパラorバサバサ(具を入れる場合は別のフライパンで炒めておいたのを途中で入れる)


スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • 2009.04.29 Wednesday
  • -
  • 04:21
  • by スポンサードリンク
スポンサードリンク


スポンサードリンク
メニュー(スポンサードリンク)
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links