<< マフィン 作り方 | main | 赤飯 作り方 >>

スポンサーサイト

  • 2009.04.29 Wednesday
  • -
  • by スポンサードリンク
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



スポンサードリンク

イチゴジャム 作り方

スポンサードリンク
イチゴをきれいにします

ヘタを取り,傷んだ部分などは取り除きます.適宜水で洗い,軽く水気を取ります.
イメージ

苺に砂糖をまぶします

鍋に苺を入れ,砂糖をまぶします. 必ずしもイチゴをつぶす必要はありません. しばらく置くと,下の写真のように相当な量の果汁がしみ出てきます. イメージ

煮ます


砂糖をまぶして放置した苺はこのぐらいの果液がでてきます. これは冬場の室温で大体6時間置いていますが, そんなに長く置く必要はないと思います.

イチゴとイチゴエキス?を煮ます.途中でイチゴの果実を取り出して, 残った液だけをさらに煮詰めるという方法もありますが, 今回は全部一緒に煮ています.
イメージ

アクをとります


煮ている最中にアクが出てくるかと思いますのですくい取ります. 丁寧にとった方が,きれいなイチゴジャムになるでしょう.
イメージ

ジャムテスト


ジャムが十分に固まりそうかどうかをチェックします. 水をコップなどに入れて,その中にジャムを一滴垂らしてみます(ジャム・テスト). すぐに散ってしまった場合は固まりません.散らずに沈んでいくようならば, 普通のジャムになるでしょう. すぐにカチカチに固まるようだとジャムとは言わないかも(飴ですね). 写真の状態だと,ジャムとしてはまだちょっと緩いかも.
ジャムテスト

煮詰めます


適宜ジャムテストを繰り返して,ほどほどまで煮詰めます. イチゴの粒を残したくないときは適当につぶしましょう (無理につぶす必要はないと思いますが,お好みで). 今回はペクチンを使っていませんが,それなりに固まりました.
煮詰めている

瓶に詰めます


熱いうちに瓶に詰めてきちんと蓋をします. 蓋をゆるめに閉めて,湯煎にかけてからきちっと締めるという方法もあります. ちなみにこの写真の例では明らかに瓶が大きすぎます. 上に空間があまり出来ないような瓶を選びましょう.
イチゴジャム完成


砂糖を減らして作った場合は,早めに食べきらないとカビが生えてしまいます.



ちなみに,イチゴは冷凍保存することが出来ます. きれいにした後,水気を取って砂糖をまぶして冷凍庫へしまえばOKです. ジャムを作る場合は,まぶした分の砂糖の量を減らせばよいです. 解凍時に出てくるドリップは捨てずに使いましょう.


スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • 2009.04.29 Wednesday
  • -
  • 04:09
  • by スポンサードリンク
スポンサードリンク


スポンサードリンク
メニュー(スポンサードリンク)
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links